薬剤センター

お知らせ

2017年8月31日 「学生の方へ」のページを更新しました。
2017年7月21日 「医療関係者の方へ」>「保険薬局の皆様へ」のページを更新しました。
2017年6月27日 「医療関係者の方へ」>「保険薬局の皆様へ」のページを更新しました。
2017年5月26日 「医療関係者の方へ」>「保険薬局の皆様へ」のページを更新しました。
2017年3月31日 見学会・職員募集について」に平成30年度採用の職員募集をについて掲載しました。(採用試験は終了しました)

スタッフの紹介(H29年4月現在)

● 薬剤センター部長
     谷沢 克弥

● 副部長
     井上 壽江   平下 智之  

薬剤センター概要

 薬剤師は、薬の専門家として医師や看護師等の医療スタッフと連携を取りながら、すべての患者さんに安全に安心して効果的にお薬を使用していただけるように、お薬にかかわる様々な部門で業務を行っています。

 岐阜県総合医療センターでは平成24年4月に、従来の医薬品の取扱いを主とした薬剤部の他に、コミュニケーション主体の業務を行う薬剤総合管理部を新設し、この二つの部門で薬剤センターを構成しています。調剤、がん医療、入院薬剤業務、薬品管理などの担当薬剤師が、相互に連携してお薬の調剤、患者さんへのお薬の説明、医薬品情報の収集・評価と提供、医薬品管理、製剤、抗がん剤の無菌調製などの業務を通して、薬の安全性と有効性の確保に努めています。

 また、平成24年度から全病棟と外来薬剤センターに薬剤師が常駐し業務を行っています。病棟担当の薬剤師は入院中に患者さんを訪問し、使用している薬の説明や薬の効果が得られているか、副作用は生じていないかなどの確認を行い、患者さんが安心して薬物治療を受けられるようサポートしています。そして、外来薬剤センターでは、入院予定の患者さんに通院中の医療機関やかかりつけ薬局等を確認し、患者さんが使用している薬の内容や、副作用歴、アレルギー歴などの情報を入院前に必要に応じてその医療機関や薬局に確認します。その後、病棟担当の薬剤師と情報を共有し、入院後の薬物治療を安全かつスムーズに行えるように取り組んでいます。

薬剤センターの人員(H29年4月現在)

常勤薬剤師

42人(うち治験管理センター兼務1人)

非常勤薬剤師

1人

医療助手

4人

 

お薬について

 おくすりについて知ってもらうために、「おくすりについて」次のページにまとめましたので、ご覧ください。

おくすりについてはこちらをクリック

医療関係者の方へ

医療関係者(製薬企業の方も含む)向けの情報は下記のページをご覧ください。

医療関係者の方はこちらをクリック

近隣の医療機関からのDIに関するお問い合わせは、次の連絡先にお願いします。

薬剤センター 医薬品情報室
   電話番号:058-246-1111(内線2003)
   受付日時:平日 8:30~17:15

学生の方へ

学生の方は下記のページをご覧ください。

学生の方はこちらをクリック

治験について

治験(臨床試験)関係については下記のページをご覧ください。

治験管理センターはこちらをクリック

 

見学会・職員募集について

薬剤センター見学会・職員募集については下記のページをご覧ください。

薬剤センター見学会・職員募集はこちらをクリック

 

最終更新日:2017/08/31