乳腺外科

医師スタッフの紹介

役職 部長
名前 長尾 育子

日本乳癌学会専門医
日本外科学会専門医
マンモグラフィー検診精度管理中央委員会読影認定医

役職 医長
名前 山田 敦子

 

診療医師担当表はこちら

診療内容について

 乳がんをはじめとする様々な乳房の病気の診断と治療を行っております。

 乳腺外来は、乳腺外科と外科の専任医師が担当しております。特に乳がんの診療には、病理診断科、放射線診断科、放射線治療科、歯科口腔外科、化学療法部、緩和ケアチームなど、複数の科の医師や医療スタッフと連携をとりながら総合的な診療を進めていきます。

b乳がん患者さんからご相談をお受けすることが多い乳がん術後のむくみ(リンパ浮腫)、化学療法に伴う副作用へのケアなど、専門の外来担当看護師がご相談に応じ、また指導にあたっております。

 

診察の流れ

 外来では触診、マンモグラフィ、超音波(エコー)を基本に診察いたします。精密検査として乳房造影MRI検査など行います。

 細胞診、針生検、ステレオガイド下マンモトーム生検、エコーガイド下マンモトーム生検、外科的生検などから病気の状態に適した方法で、より低侵襲な方法から生検を行い、診断します。これらの診断方法から、まだ触ることのできない早期乳癌の診断も可能です。

 乳がん患者さんでは病気の広がり診断として、造影MRI、造影CT、骨シンチグラフィ、PET-CTなどを行います。どのようなタイプの癌か(悪性度、周囲組織への侵襲の有無、ホルモン感受性、HER2タンパク発現など)の診断を行い、最も適切な治療を選択して行うことができるよう努力しております。

治療

手術治療(乳房切除術、乳房温存手術、センチネルリンパ節生検、一期的エキスパンダー留置術等)

薬物療法(術前化学療法、術後補助療法、再発治療)

放射線治療(術後照射、症状緩和)

 

診療実績

年間の乳がん治療例
2008年 2009年 2010年
87例 134例 122例

 

手術術式 2008年 2009年 2010年
乳房温存術 34例 64例 50例
胸筋温存乳房切除術 42例 59例 62例
エキスパンダー留置術 3例 5例 5例
センチネルリンパ節生検 42例 77例 81例
乳がん病期 2008年 2009年 2010年
Stage 0 12例 11例 17例
Stage Ⅰ 27例 54例 54例
Stage ⅡA 25例 28例 20例
Stage ⅡB 12例 19例 13例
Stage ⅢA 3例 4例 3例
Stage ⅢB 1例 5例 2例
Stage ⅢC 0例 0例 1例
その他のがん 7例 13例 12例

 

2010年 手術可能乳がんの集学的治療のうちわけ
抗癌剤治療 ホルモン療法 ハーセプチン 放射線治療
23例 75例 10例 43例

最終更新日:2016/04/19