消化器内科

医師スタッフの紹介

役職 副院長・消化器病センター長・消化器内科部長
氏名 杉原 潤一

日本内科学会認定内科医・指導医・評議員(東海)

日本消化器病学会専門医・指導医・評議員
日本肝臓学会専門医・指導医・西部会評議員
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
アフェレシス学会認定専門医
Infection Control Doctor (ICD)


・肝臓疾患の診断、治療を専門としています。

役職 肝臓内科部長・消化器内科主任医長
氏名 清水 省吾

日本内科学会認定内科医・指導医
日本消化器病学会専門医・東海支部評議員
日本肝臓学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医


・肝臓疾患の診断、治療を専門としています。

役職 内視鏡部長
氏名 山崎 健路

日本内科学会認定内科医・専門医・指導医
日本消化器病学会指導医・専門医・学会評議員・東海支部評議員

日本消化器内視鏡学会指導医・専門医・学術評議員・東海支部評議員
日本消化管学会専門医・代議員


・消化管疾患(食道・胃・大腸)を専門としています。

役職 胆膵内科部長
氏名 岩田 圭介

日本内科学会認定内科医・専門医・指導医
日本消化器病学会専門医・東海支部評議員
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医・学術評議員・東海支部評議員

日本胆道学会認定指導医
がん治療認定医


・胆膵疾患の診断、治療を専門としています。

役職 医長
氏名 安藤 暢洋

日本内科学会認定内科医・専門医・指導医
日本消化器病学会専門医・東海支部評議員
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医・東海支部評議員
がん治療認定医


・胆膵疾患の診断、治療を専門としています。

役職 医長
氏名 永野 淳二

日本内科学会認定内科医・指導医

役職 医長
氏名 寺倉 大志

 

役職 医師
氏名 丸田 明範

日本内科学会認定医

日本消化器病学会専門医

日本消化器内視鏡学会専門医

日本肝臓学会専門医

役職 医師
氏名 入谷 壮一

日本内科学会認定内科医・指導医

役職 医師
氏名 吉田 泰之

日本内科学会認定内科医

役職 医師(内科専攻医)
氏名 嶋田 貴仁

診療医師担当表はこちら

関連する診療科・専門外来

診療内容について

   私たち消化器内科・肝臓内科・内視鏡部では、消化管(食道、胃、十二指腸、小腸、大腸)と肝臓、胆のう、胆管、膵臓などの消化器実質臓器の診断と治療を行っています。これらの臓器には、悪性腫瘍(がん)の発生頻度が高く、がんの早期発見・早期治療が重要です。そのため、内視鏡検査をはじめ腹部超音波検査、CT、MRI、血管造影、生検(病巣部の組織の一部を採取し顕微鏡でみる検査)などを駆使して確定診断を行っています。治療に当たっては、その病状に合わせ患者さんにとって最善の方法を採っています。                                                                                 

診療科の特徴について

消化管(食道、胃、十二指腸、大腸)

 消化管内視鏡検査、内視鏡治療を積極的に行っています。色素内視鏡、拡大内視鏡、超音波内視鏡などにより正確な診断・治療をこころがけています。

 食道がん、胃がん、大腸がんに対して、内視鏡治療の対象となる早期がんに対しては内視鏡的粘膜下層剥離術 (ESD) を積極的に施行しています。上部消化管の内視鏡検査(胃カメラ)と大腸内視鏡検査は月曜から金曜日までの毎日行っており、上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)は年間約4,500件、大腸内視鏡検査は年間約3,000件施行しています。

 2016年1年間の実績で、食道・胃・大腸のがんに対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)はあわせて
132件行いました。

食道

■ 早期食道がんに対しては、内視鏡治療(内視鏡的粘膜下層剥離術 (ESD))を行っています。内視鏡治療の対象とならない場合には、外科的手術あるいは化学療法・放射線治療、それらの組み合わせた治療を外科チームとともに検討します。

■ 食道・胃静脈瘤
肝硬変に合併し大量吐血の原因となります。破裂の危険性が高い徴候がみられた場合には、内視鏡を用いて予防的に静脈瘤をつぶす治療(静脈瘤結紮術・静脈瘤硬化療法)を行っています。また破裂した場合にも、積極的に内視鏡による静脈瘤結紮術・硬化療法を実施しています。

胃・十二指腸

 主要な病気は、日本人に多い胃がんと胃潰瘍ならびに十二指腸潰瘍です。胃がんの早期発見には内視鏡検査(胃カメラ)の定期的な検査が大切です。

■ 早期がんに対して内視鏡治療(内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD))を積極的に行っています。進行がんに対しては外科的切除となりますが、病状の進行の程度によっては化学療法を施行することになります。

■ 胃潰瘍ならびに十二指腸潰瘍は内科的治療で大半が治療可能です。潰瘍からの出血に対しては内視鏡的に止血術を行うことがあります。潰瘍の原因としてヘリコバクターピロリと呼ばれる細菌の感染が挙げられます。ピロリ菌は潰瘍だけでなく、胃癌の発症にも関与しています。ピロリ菌の感染が疑われる患者さんに対して感染の有無を診断、感染がある場合には除菌療法を行っています。

大腸

 大腸がん、大腸ポリープ、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)などが主要な病気です。 大腸がんは日本人で最近増加している疾患です。

■ 大腸がんは増加しており、大腸がん検診で便潜血反応陽性のときは、積極的に大腸内視鏡検査を受けることが早期発見につながります。大腸ポリープはしばしば発見される病気ですが、小さな病変は内視鏡的に日帰りの切除が可能です。内視鏡治療の適応となる早期大腸がんに関しても、病変の大きさや形態、進行度に応じて、内視鏡治療(内視鏡的粘膜下層剥離術 (ESD))を積極的に行っています。

■ 潰瘍性大腸炎やクローン病の炎症性腸疾患に対しては病状に応じて、様々な薬物を組み合わせて治療を行っています。

消化器系実質臓器(肝臓、胆嚢、胆管、膵臓)

肝臓

急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、肝がんが主要な病気です。

■ C型肝炎について

①インターフェロン治療

 C型肝炎に対しては、1992年よりC型肝炎ウイルス(HCV)の完全排除が期待しうる治療としてインターフェロン( IFN )治療が長く施行されてきました。2004年にはペグインターフェロン(Peg-IFN)+リバビリン(RBV2剤併用治療が開始され、ウィルス陰性化率(SVR率)は大きく改善し、難治性のセロタイプ1型かつ高ウィルス量例で約50%、セロタイプ2型かつ高ウィルス量例では約80~90%に向上しました。しかし治療効果には、IFN治療に対する感受性を表す遺伝子多型であるIL28BやHCVコア領域の変異が大きく影響しており、さらに有効な治療法が望まれていました。

2011年以降、DAA(Direct Acting Antivirals)製剤であるプロテアーゼインヒビターが開発され、セロタイプ1型かつ高ウィルス量例に対してはPeg-IFN+RBVに加えた3剤併用治療(24週)が可能となりました。2011年にはテラプレビル(TVR3剤併用治療が開始されウィルス陰性化率は75~85%に向上し、2013年にはシメプレビル(SMV3剤併用治療、2014年にはバニプレビル(VPV3剤併用治療も可能となりました。しかしいずれの3剤併用治療もやはりIFNを用いた治療法であり、IFN治療歴やIL28B、HCVコア領域の変異などの影響を受けることに変わりはありません。

②インターフェロンフリー治療

 さらにDAA製剤の開発が進み、2014年9月から待望されていたインターフェロンフリー治療であるアスナプレビル(ASV)+ダクラタスビル(DCV)経口剤併用治療(24週)が、セロタイプ1型に対して可能となりました。代償性肝硬変症も適応となっており、治験でのウィルス陰性化率は85%と高く、IFN治療歴、IL28B、年齢、性別、ウィルス量、肝硬変症の有無でウィルス陰性化率に全く差がみられません。しかし治療前にDCVに対するHCV薬剤耐性変異(L31、Y93変異)を有する例ではウィルス陰性化率が低く、また治療不成功の場合には治療後に多剤耐性変異が出現し以後の治療に支障をきたすことになるため、治療前に耐性変異の有無を調べて治療することが重要です。副作用はほとんどありませんが、トランスアミナーゼの急激な上昇をきたすことがあるため定期的な血液検査が必要であり、非代償性肝硬変症は禁忌となっています。2015年6月からは、セロタイプ2型を対象としてソフォスブビル(SOF)+RBV 併用治療(12週)が開始となり、治験でのウィルス陰性化率は96%で、副作用はヘモグロビン低下以外に特記すべきものはありませんが、腎機能低下例や非代償性肝硬変症は禁忌です。そして2015年9月からは、セロタイプ1型を対象にSOF+レディパスビル(LDV)併用治療(12週)も可能となり、治験でのウィルス陰性化率は100%で、HCV薬剤耐性変異を有する例でもウィルス陰性化率は良好とされています。さらに2015年11月にはセロタイプ1型を対象に、パリタプレビル+オムビタスビル併用治療(12週)が登場し、治験でのウィルス陰性化率は95~98%で、これも今後大いに期待される治療法です。

③今後期待される新しいインターフェロンフリー治療法と課題

 現在までにわが国で治験が終了している新たなインターフェロンフリー治療は、グラゾプレビル+エルバスビル併用治療(12週)や、ASV+DCV+ベクラブビル併用治療(12週)があります。しかし今後は、インターフェロンフリー治療でウィルス陰性化が得られなかった場合に出現する多剤耐性例に対する治療法や、インターフェロンではないDAA治療によるウィルス陰性化後の肝発癌頻度や経過観察のあり方が大きな課題になると思われます。
 

■ 肝臓がんについて 

肝臓がん

 

胆嚢・胆管、膵臓

・胆管は肝臓からの胆汁の流出路であり、胆嚢は胆汁の貯留庫です。

・膵臓は消化液である膵液の分泌と、インスリンなどのホルモンの分泌を行っています。

・主要な疾患は胆石、胆嚢炎・胆管炎、膵炎、腫瘍(がん・ポリープなど)です。

・この領域は腹部超音波検査、CT、MRI、超音波内視鏡、PET‐CT、内視鏡的胆管膵管造影、超音波内視鏡下吸引針生検などの検査を行って診断を行います。特に膵癌や胆嚢・胆管癌は早期の発見が難しいことも多く、複数の検査による詳細な検討が必要です。

・胆管炎は胆管内の結石が原因になることが多いのですが、この胆管結石は内視鏡的に採石を行うことを基本としています。当院では主に内視鏡的十二指腸乳頭切開を行って採石をしています。また症例に応じて内視鏡的十二指腸乳頭バルーン拡張も行っています。

・腫瘍に対しては、状態に応じて外科的切除を行うのか、化学療法(抗がん剤)・放射線治療を行うのかを検討します。両者を組み合わせての治療を行うこともあります。

・この領域に発生する腫瘍は胆管に狭窄を起こすことがあります。そうなると肝臓側に胆汁が停滞し黄疸がでます。放置すると危険な状態になりますので内視鏡を用いて胆管狭窄の治療を行います。主な治療方法は狭窄部へのステント留置です。もし内視鏡での治療が困難な場合は、体表から直接胆管を穿刺して胆管狭窄に対する治療を行います。

 

最終更新日:2018/08/16