卒後臨床研修評価機構認定病院

当センターは、研修医の育成に力を注いでいます

当センターは、国が定めた研修指定病院であり、卒後臨床研修評価機構の認定病院です。

          

NPO 法人卒後臨床研修評価機構

 当院は、岐阜県の基幹病院として、地域の医療の核となる医師の育成を目指しています。
 当院では、上級の指導の下に研修医(医師免許を取得した1年目、2年目の医師)が診療を
行っております。
 将来の医療を担う医師を養成するために、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

研修医の紹介ページはこちら

岐阜県総合医療センターの研修の目的と理念

臨床研修は、医師が、医師としての人格を涵養し、常に患者を思いやる気持ちを持ち、将来専門とする分野に関わらず、医学及び医療の果たすべき社会的役割を意識しつつ、一般的な診療において頻繁に関わる負傷又は疾病に適切に対応できるよう、基本的な診療能力(態度・技能・知識)を身につけることのできるものでなければならない。(臨床研修規約より)

1.  プライマリ・ケアの基本的な診療能力を身につける
2.  患者の気持ちを常に思いやる習慣を身につける
3.  救急医療、地域医療、外科系や内科系にわたる幅広い基本知識や
   技術の基礎を身につけ、臨床研修後の方向を決める。
4.  良好なチーム医療を実践できる。
5.  保健医療や地域医療、災害医療など、社会的枠組みにおける医療の意義を理解する

最終更新日:2017/05/29