個人情報の利用目的

地方独立行政法人岐阜県総合医療センターにおける個人情報の利用目的について

平成22 年4 月1 日
岐阜県総合医療センター 院長

1. 地方独立行政法人岐阜県総合医療センター個人情報保護方針2に定める「本来の利用目的」は、次に掲げるものとする。
(1)院内での利用
①患者を含む当センターの利用者(以下「利用者等」という。)に提供する 医療サービス及びその向上
②医療保険事務
③入退院等の病棟管理
④会計・経理
⑤医療事故等の報告
⑥院内で行われる医療実習への協力
⑦医療の質の向上を目的とした症例研究
⑧受付・窓口での患者名呼び出し、病棟・病室の患者名掲示
⑨院内がん登録(がん対策基本法の理念に基づく)及び登録情報の利用

(2)院外への情報提供としての利用
①他の病院、診療所、薬局、訪問看護ステーション、介護サービス事業者等との連携
②他の医療機関等からの照会への回答
③診療等のため、外部の医師等の意見・助言を求める場合
④検体検査業務等の業務委託
⑤家族等への病状説明
⑥健康保険・医療費等の給付・支払い等に関する保険者、自治体等への照会
⑦保険事務の委託
⑧審査支払機関等への診療報酬明細書(レセプト)等の提出、照会への回答
⑨事業者等から委託を受けた健康診断に係る、事業者等へのその結果の通知
⑩医師賠償責任保険等に係る医療に関する専門の団体や保険会社等への相談又は届出等
⑪顧問弁護士の意見・助言を求める場合
⑫外部監査機関への情報提供
⑬がん登録情報の国及び県への提供

(3)その他の利用(個人を識別あるいは特定できない状態にした上で利用する。)
①医療・介護サービスや業務の維持・改善のための基礎資料
②医学研究・学術研究(学会発足等)のための資料

2.利用者等は、上記に掲げる利用目的について同意しがたい事項がある場合は、その旨を申し出ることができる。

3.利用者等から特に申し出のない場合は、その利用について同意したものとみなす。

4.利用目的に対する同意は、利用者等からの申し出により随時変更することができる。

Caluferdire

最終更新日:2017/03/26