内視鏡部

 

医師スタッフの紹介

 

役職 部長
氏名 山崎 健路

  日本内科学会認定内科医・専門医・指導医
  日本消化器病学会指導医・専門医・学会評議員・
     東海支部評議員
     日本消化器内視鏡学会指導医・専門医・学術評議員・
     東海支部評議員
     日本消化管学会専門医・代議員


・消化管疾患(食道・胃・大腸)を専門としています。



ページTOPへ

診療内容・特色など

 消化器内視鏡機器を使用して、消化器内科医師と内視鏡部医師が全員で色々な検査と治療を行っています。
 内視鏡はスコープの先端にCCDを内臓した電子内視鏡を使用しており、病変をリアルタイムにテレビ画面に映して観察することができ、得られた画像はファイリングシステムによりコンピュータに保存管理され電子カルテ上で見ることができます。
 内視鏡部は、診療棟2階の内視鏡室で主に上部消化管内視鏡(胃カメラ)による検査・治療と、下部消化管内視鏡(大腸内視鏡検査)による検査・治療を中心的に行っており、逆行性膵胆管造影(ERCP)などは中央放射線部において行っています。このほか、内視鏡室では超音波内視鏡検査(EUS)や食道狭窄に対するバルーン拡張術・食道静脈瘤に対する治療なども行っており、最新の内視鏡機器・技術を積極的に導入して、患者様ひとりひとりのニーズにあった最良の医療を提供しています。

ページTOPへ

主な診療内容

食  道 食道 初期の食道癌の早期発見目的でルゴールによる色素内視鏡、食道静脈瘤に対する内視 鏡的結紮術(EVL)・硬化療法(EIS)、食道粘膜内癌に対する粘膜切除術(EMR)・粘膜下層剥離術(ESD)、食道良性狭窄に対するバルーン拡張術、悪性狭窄に対するステント挿入、食道異物の摘出術(魚骨、義歯、コイン、PTP包装した内服薬など)。
胃・十二指腸 ポリペクトミー(ポリープの内視鏡的切除)、粘膜切除術・粘膜下層剥離術(粘膜内癌、カルチノイド、腺腫)出血性潰瘍に対する止血術(エタノール局注、クリップなど)、経皮内視鏡的胃瘻造設術(PEG)、異物摘出、ピロリ菌(Helicobacter Pylori菌)の診断・治療など。
大  腸 大腸癌の早期発見・生検による病理学的診断、大腸ポリープ/主要に対する内視鏡的切除(ポリープに対するポリペクトミーと粘膜内癌・腺腫に対する粘膜切除術・粘膜下層剥離術)、潰瘍性大腸炎・クローン病など炎症性腸疾患の診断、大腸出血病変に対する内視鏡的止血術(クリップやアルゴンプラズマ焼灼術)、術後狭窄に対するバルーン拡張術、大腸イレウス(腸閉塞)に対する経肛門的イレウス管挿入、早期癌手術前病変マーキングなど。

ページTOPへ

検査スケジュール

○:午前  ●:午後  △:随時

 
上部消化管内視鏡検査
下部消化管内視鏡検査
超音波内視鏡   ○:胆膵 ○:消化管 ○:胆膵  
EMR、ESD、ポリペクトミー
食道静脈瘤結紮術
胃瘻造設術・入れ替え
緊急内視鏡(止血術など)

 

EMR:内視鏡的粘膜切除術    EUS:超音波内視鏡

ページTOPへ

内視鏡検査・治療件数(2015年度)

 
上部消化管内視鏡検査 4,476件
  胃EMR 10件
  胃ESD 83件
下部消化管内視鏡検査 2,954件
  大腸EMR 836件
  大腸ポリペクトミー 88件
  大腸ESD 32件
超音波内視鏡 316件
食道静脈瘤結紮術 39件
胃瘻造設術 36件
胃瘻入れ替え 44件
止血術  
  上部消化管 113件
  下部消化管 53件
緊急内視鏡  
  上部消化管 516件
  下部消化管 749件

ページTOPへ

最終更新日:2019/06/19