脚外来

外来について

脚に関わる症状の多くは、血行不良が原因で起きています。血行不良の原因である血管の狭窄や閉塞に対する治療は、最近技術が進歩し、カテーテル治療で比較的容易にできるようになってきました。  「脚外来」では、足の血圧測定、血管エコーやCT、MRIなどの非侵襲的な精密検査を組み合わせて、脚の血行不良による疾患を早期に発見・治療します。見逃されがちな脚の血管の老化を食い止め、健康な「脚」を維持することを目指しています。

ページTOPへ

 

最終更新日:2018/08/16