糖尿病・内分泌内科

医師スタッフの紹介

役職 主任部長
氏名 大洞 尚司

日本内科学会認定医・総合内科専門医・指導医
日本糖尿病学会専門医・指導医
日本内分泌学会専門医・指導医
日本糖尿病協会療養指導医

役職 医師
氏名 山中 麻美

日本内科学会認定医
日本糖尿病学会専門医

役職 医師
氏名 髙橋 寛和

日本内科学会認定医
日本内分泌学会専門医

 

役職 医師
氏名 小森 聡子

日本内科学会認定医

 

役職 医師
氏名 今泉 俊則

日本内科学会認定医
日本病院総合診療医学会認定医

診療医師担当表はこちら

ページTOPへ

関連する診療科・専門外来

ページTOPへ

診療科の概要について

 当科は、日本糖尿病学会および日本内分泌学会の認定教育施設です。糖尿病・内分泌領域の診療とともに、初期研修医、専門医を目指す専攻医、および糖尿病療養指導士を目指すコメディカル・スタッフなどへの教育もおこなっています。

ページTOPへ

診療科の特徴について

1型糖尿病

 1型糖尿病患者さんは、インスリン治療が必須となります。頻回皮下注射法(MDI)のほか、最近は自動注入ポンプを用いた持続皮下インスリン注入療法(CSII)をおこなう患者さんも増えてきました。また、1型糖尿病患者さんを対象とした講演・患者交流会を定期的に開催しています。

2型糖尿病 

 現在、本邦では約1,000万人の糖尿病患者さんがいると推定されており、今後も増え続けると考えられています。そのほとんどが2型糖尿病です。当科でも多くの2型糖尿病患者さんが当科外来に通院されています。最近は糖尿病連携パスを使用した近隣の診療所との病診連携も積極的に進めております。
 さらに当科では、糖尿病に精通したスタッフによるフットケア外来、生活指導外来、栄養指導、透析予防指導および糖尿病患者会「わかあゆ会」の活動などを通じて患者さんの療養生活を支えています。
 また、血糖コントロールや糖尿病療養指導を目的とした2週間のクリニカルパス入院もおこなっております。

その他の糖尿病

 肝臓や膵臓疾患に伴う糖尿病、薬物(ステロイドなど)による糖尿病、妊娠糖尿病など様々な病態をともなう糖尿病についても診療しています。

内分泌疾患

 下垂体疾患(末端肥大症、汎下垂体機能低下症、尿崩症など)、甲状腺疾患(バセドウ病、橋本病、癌など)、副腎疾患(クッシング症候群、原発性アルドステロン症、褐色細胞腫など)、血清電解質(ナトリウム、カリウム、カルシウム)異常など様々な内分泌疾患の診断・治療をおこなっています。

 

ページTOPへ 

.

最終更新日:2019/04/18