リウマチ外来

診療内容・特徴

 関節リウマチは全身性疾患ですが、病巣の主体は関節です。病状が進行すると体が不自由になり、寝たきりにも至る病気です。近年、寛解を目標にできる薬物も普及してきましたが、関節に対して整形外科的な治療(手術、装具、リハビリテーション)を必要とする患者さんも多く見えます。

 運動器を専門とする整形外科医の立場から、関節リウマチに関わり、診療、治療を行います。また付随する全身症状について各科と連携し診療にあたります。

 身体障害者手帳、介護保険などの公的援助について助言を行います。

ページTOPへ

診療日時・受診方法

火曜日、木曜日に整形外来内で行っています。

 担当医

横井 達夫 (日本整形外科学会リウマチ医 リウマチ財団登録医)

田中 領  (日本リウマチ学会専門医・指導医)  

診療日時

月曜日・金曜日:田中 領

火曜日・木曜日:横井 達夫

*初診は8:30~11:00受付 : かかりつけ医より病診連携を通じて予約が必要
*再診は予約制

受診方法

整形外来受付、または病診連携室にご連絡ください。

ページTOPへ

最終更新日:2021/05/14