精巣がん Testicular cancer

  精巣がんについて

  精巣の解剖精巣は精子を造る男性固有の臓器です。精子を造るだけではなく、男性ホルモンも造っています。精巣を栄養する主な血管は、大動脈の腎臓の高さから出て鼠径部を通り精巣に至ります。精巣で造られた精子は、射精時に精巣上体精管をへて、前立腺部の尿道より射出されます。精巣がんは、精巣内の精子を造る精細管上皮細胞から発生します。10万人当たりの発生率はおよそ1人で決して多くはなく、男子の全腫瘍の1%程度ですが、 15から35歳の男性においては最も多い悪性腫瘍です。病気の原因は不明ですが、停留精巣患者さんでは、精巣固定術施行の有無に関わらず一般男子に比べ3-14倍のリスクを有します、片側の精巣がん患者は、反対側に精巣がんが発生する頻度は同じく20倍以上とされています。その他に、外傷や炎症もがん発生の原因と疑われています。

 精巣がんは、細胞の種類によって大きくセミノーマと非セミノーマに分けられます。非セミノーマの方が転移を起こしやすく、より悪性の経過をとります。無痛性の精巣のしこりや、腫れが初発症状です。およそ30~40%で下腹部の重圧感や鈍痛があり、10%で急性の精巣痛が有ります。がんが進行し広い範囲に転移が出現すると、腹部リンパ節転移による腹痛や肺転移による呼吸困難のほか、首のリンパ腺の腫れ、体重減少、乳首の痛みや腫れなどもおこります。

 好発年齢の青壮年の方は入浴時に自分で触ってみる自己検診をお勧めします。精巣にがんがあると、ずしりとした重みの有る精巣を触れます。反体側の正常な精巣と比較します、精巣上体ではなく精巣そのものにしこりや腫れが有ることを確認します。エコー検査は、陰嚢内に水がたまっていて精巣そのものが触れにくい場合、精巣の腫瘍が小さい場合などにとても有効な検査です。精巣がんには、LDH(乳酸脱水素酵素)、 AFP(アルファ胎児性蛋白)、hCG(ヒト縦毛性ゴナドトロピン)などの腫瘍マーカーが有り診断や治療の助けとなります。ただ、精巣がんでは、前立腺がんのように手術前に組織検査をして診断を確定することは転移を生じる恐れが有るため禁忌です。 

ページTOPへ

原発巣の進行度診断

 通常は術前には行いません、原発巣に関しては手術可能であれば、診断後すみやかに、後で述べる高位精巣摘出術を行います。転移巣の検索精巣がんは大動静脈周囲の後腹膜リンパ節や肺に転移しやすいので胸部と腹部のCTスキャンを行います。治療は病期の進行により異なります。精巣だけに病気のあるときと 腹部や肺に病期が転移しているときでは異なります。

精巣だけに病気のあるとき

無治療経過観察(サーベイランス)

 およそ80%の患者さんが、無治療で経過観察をしていても再発しません。しかし5年程度は指示された間隔でしっかりと腫瘍マーカーや、CT、超音波検査のチェックが必要です。特に2年以内は頻繁な検査が必要です。再発としても、早期発見であれば抗がん剤の治療を2~3ヶ月かけて行うことによりほぼ完治可能です。 

予防照射

  精巣がんの組織型がセミノーマであった場合、転移好発部位の後腹膜に放射線治療をする方法です。95%程度の非再発率が見込めますが、80%の患者さんに不必要な治療をすることになる点、少ないながら放射線の副作用も有る点、再発した時点での治療開始でもほぼ救命可能である点などから、最近はサーベイランスが選択される場合も多い様です。 

予防化学療法

 抗がん剤を行うことにより再発予防を図ります。

予防的後腹膜リンパ節廓清

 非セミノーマに対して広く行われていますが、日本ではあまり行われていません。

腹部や肺に病期が転移しているとき

放射線治療

 セミノーマに選択されることが有ります。90%程度の治癒率です。

化学療法±残存腫瘍切除

 抗がん剤治療を3-4コース行い、腫瘍マーカーの陰性化を待って残存腫瘍が有ればこれを摘出します、セミノーマの場合には、3cm以下の残存腫瘍ならば経過観察でも良いとされています。 摘出した残存腫瘍に、生きているがん細胞が認められた場合には、抗がん剤治療を2コース追加します。腫瘍マーカーが陰性化しない場合には、救済化学療法として、別の抗がん剤や、超大量化学療法などが試みられています。

ページTOPへ

最終更新日:2018/08/16