平成30年度 岐阜県総合医療センター 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1987 438 339 609 897 1201 2372 4020 2324 368
年齢別には、60歳代から70歳代がピークとなっており、年々ご高齢な患者さんが増加しています。また、当院は岐阜県の総合周産期母子医療センターであり、NICUやPICUを有しているため、新生児や小児の患者さんも多く診療しています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
総合診療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070560xx99x00x 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 10 40.20 15.58 20.00 57.10
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 20.92
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 12.58
070560xx97x00x 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 27.07
070560xx97x6xx 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 手術あり 手術・処置等26あり 68.27
総合診療科では、リウマチ膠原病疾患にみられるような他臓器に渡る疾患や、臓器別の診療科では診療困難な症例、原因がよく分からない症例を担当します。このような特殊な疾患の診断・治療の強化に取り組んでいます。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1あり 副傷病なし 36 4.17 7.18 0.00 54.03
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 副傷病なし 30 6.47 8.75 0.00 67.47
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等21あり 18 48.06 35.72 11.11 70.11
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 17 10.71 12.05 11.76 54.71
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 副傷病なし 15 18.33 14.21 13.33 62.40
腎臓内科では、主に慢性腎不全に対する透析導入、内シャント造設、腹膜透析カテーテル留置術を入院で診療しております。緊急での透析導入対応が必要なことも多く、平均在院日数は全国の病院と比較して長くなっており、病気が落ち着いたらお近くの医療機関に診療をお願いする等の病診連携を行っています。
また、慢性腎炎に対する腎生検を入院で行っています。
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 86 21.19 16.17 0.00 74.14
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等24あり 副傷病なし 36 26.03 32.36 5.56 77.50
130030xx97x3xx 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等23あり 18 26.06 32.83 0.00 72.50
130040xx99x6xx 多発性骨髄腫、免疫系悪性新生物 手術なし 手術・処置等26あり 10 28.30 14.94 0.00 77.00
130030xx99x30x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 17.10
血液内科では、主に悪性リンパ腫や多発性骨髄腫の患者さんの診療を行っています。地域的に高齢者の方が多く、より安全な医療に心掛けています。
糖尿病・内分泌内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満 57 11.46 13.90 0.00 65.96
100070xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病あり85歳未満 15 11.13 15.51 0.00 72.93
100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満 12 11.67 14.27 0.00 66.08
100393xx99xxxx その他の体液・電解質・酸塩基平衡障害 手術なし 10.03
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 20.92
糖尿病・内分泌内科では、2型糖尿病患者さんには積極的に「糖尿病教育入院1週間パス」および「糖尿病教育入院2週間パス」を使用し、効率的かつ効果的な入院診療を行っています。
脳神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 59 14.31 16.18 28.81 73.20
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 28 13.07 16.16 25.00 71.43
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 24 11.46 7.28 12.50 63.38
010160xx99x10x パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2あり 副傷病なし 19 22.53 19.73 10.53 73.32
010060x2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病1あり発症前Rankin Scale 0、1又は2 18 22.22 18.22 44.44 78.83
神経内科では、主に脳血管疾患や神経変性疾患を入院で診療しています。平均在院日数は全国の病院と比較して短くなっており、病状が落ち着いたらお近くの医療機関に診察をお願いする等の連携の強化に取り組んでいます。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 149 3.32 3.43 0.00 70.73
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 102 10.20 10.00 0.00 67.72
040040xx9905xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等25あり 60 25.53 19.34 6.67 66.70
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 50 17.62 19.06 12.00 74.52
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 48 19.75 20.92 35.42 84.60
呼吸器内科では、主に肺癌や肺炎の治療を入院で診療しています。肺癌の化学療法を実施する患者が最も多く、入院期間は1~2週間程度となっています。肺炎の入院期間も2週間程度となっており、約9割の患者さんが自宅退院できています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 201 10.40 10.08 2.99 73.88
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 90 9.61 8.52 1.11 74.72
060050xx97x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 49 8.67 10.42 2.04 75.86
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 副傷病なし 41 3.83 2.67 0.00 70.63
060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 40 9.80 10.58 0.00 69.88
・胆管結石、胆管炎に対しては、内視鏡的治療を第一選択としており、内視鏡的乳頭拡張術、特に乳頭切開術を行うことを基本として、採石や胆管ドレナージチューブの留置を行っています。平均術前日数、術後日数ともに全国平均より若干長くなっていますが、術前については待機的治療を行うことがやや多いことが原因と考えられ、術後については、ほとんどの症例に対して、治療後の一過性胆管炎や胆汁流出障害を予防する目的で内視鏡的経鼻胆管ドレナージの留置を行っているためと考えられます。
・早期の胃癌に対しては、内視鏡的治療(ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術))が第一選択となります。内視鏡的治療の適応のない胃癌の場合には外科的切除、化学療法が選択肢となります。また、粘膜下腫瘍に対しては外科との共同で、腹腔鏡・内視鏡合同手術を行っています。
・原発性肝癌は、背景肝やステージに応じて、根治性を考え、外科的切除、ラジオ波焼灼術の根治療法を選択します。内科的治療として、ラジオ波焼灼術、肝動脈化学塞栓術、分子標的薬治療、放射線治療を行います。経過により集学的な治療を行っています。肝癌既往や肝癌高リスク群では、定期的な画像検査を行います。背景肝疾患の治療も行います。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 430 2.43 3.01 0.23 71.67
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 260 4.53 4.47 0.38 70.68
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2なし 237 5.00 5.15 0.84 66.11
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等12あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 208 2.48 3.15 0.48 72.10
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 106 17.20 17.66 12.26 80.85
循環器内科では、主に虚血性心疾患や不整脈に対するカテーテル検査及び治療のための入院診療を中心に行っています。冠動脈造影検査目的の入院は1泊2日で行えるように設備や体制の強化に取り組んでいます。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100380xxxxxxxx 体液量減少症 135 5.36 9.12 0.00 3.45
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 132 4.33 7.28 0.00 5.92
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 76 5.91 6.19 0.00 1.78
150040xxxxx0xx 熱性けいれん 手術・処置等2なし 73 3.40 3.83 0.00 1.99
080270xxxx1xxx 食物アレルギー 手術・処置等1あり 68 1.01 2.14 0.00 3.74
小児科では、てんかん重積発作、気道感染症や喘鳴により呼吸不全をきたす症例など重篤な疾患まで幅広く診療しています。平均在院日数は全国の病院と比較して短くなっており、病診連携に力を入れています。PICU(小児集中治療室)を有し、急性脳症や心肺停止後の治療、アナフィラキシーなどの疾患も対応実績があります。
小児循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
14031xx09910xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳以上) 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 75 4.64 4.24 1.33 6.75
14031xx004x0xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳以上) 経皮的肺動脈形成術等 手術・処置等2なし 28 4.86 5.25 0.00 3.57
14029xxx97x0xx 動脈管開存症、心房中隔欠損症 その他の手術あり 手術・処置等2なし 22 7.09 6.45 0.00 21.32
14029xxx9910xx 動脈管開存症、心房中隔欠損症 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 22 4.41 4.26 0.00 6.82
14031xx19900xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 10 14.70 8.99 10.00 0.00
小児循環器内科では、先天性心疾患(特に新生児や乳児例)を入院で診療しています。低年齢や複雑な合併症を伴う患者さんもおられますが、在院日数は全国と同程度となっています。また、小児心臓外科と協力し、外科的介入の必要な症例の術前、術後診療にも取り組んでいます。
新生児内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 69 4.52 6.17 1.45 0.00
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2なし 20 11.95 11.32 5.00 0.00
140010x197x1xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術あり 手術・処置等21あり 14 11.79 13.30 0.00 0.00
140010x297x2xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術あり 手術・処置等22あり 12 31.17 33.56 0.00 0.00
140010x297x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術あり 手術・処置等2なし 11 10.00 15.26 0.00 0.00
新生児内科では、出生体重2,500g以上の呼吸障害・新生児黄疸などの病的新生児や、早産児・低出生体重児の入院診療を中心に行っています。遠方からの母体搬送例・新生児搬送例を中心に、状態安定後の戻り搬送にも積極的に取り組んでいます。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 122 3.86 4.96 0.00 67.52
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 91 13.95 15.30 2.20 71.47
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 76 7.05 7.30 0.00 63.83
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 72 5.69 6.52 0.00 63.78
060020xx02x00x 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 63 15.02 16.49 0.00 71.22
外科では、胆石症や虫垂炎などの良性疾患から悪性腫瘍まで、県下の基幹病院として幅広い疾患を扱っています。
乳腺外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2なし 96 9.47 10.59 0.00 59.53
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2なし 40 6.45 6.23 0.00 60.95
090020xx97xxxx 乳房の良性腫瘍 手術あり 18 3.22 4.02 0.00 37.78
090010xx99x6xx 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等26あり 14 2.00 4.15 0.00 55.43
090010xx99x00x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 10 3.30 8.37 0.00 51.30
マンモグラフィ、超音波検査、乳房MRI等の画像検査による、早期乳癌の的確な診断に力を入れています。病理学的検査により、乳癌の性質、タイプを診断し、手術、薬物治療、放射線治療等から、最も適切な治療を選択して行っています。
小児外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x101xxxx 鼠径ヘルニア(15歳未満) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 46 2.76 2.82 0.00 3.61
140590xx97xxxx 停留精巣 手術あり 12 2.92 3.14 0.00 1.92
11022xxx02xxxx 男性生殖器疾患 陰嚢水腫手術等 4.73
060170xx02xxxx 閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア ヘルニア手術 腹壁瘢痕ヘルニア等 8.26
060130xx02000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 内視鏡的消化管止血術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 8.90
停留精巣の入院は、2泊3日あるいは1泊2日で術後1泊し経過をみています。生後10ヶ月から手術可能です。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 163 22.00 26.30 83.44 80.28
070341xx020xxx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 頸部 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等1なし 51 20.00 20.71 45.10 69.71
070343xx99x1xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等21あり 51 2.90 2.79 0.00 69.71
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等2なし 39 22.90 21.39 41.03 70.13
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術・処置等2なし 31 17.26 16.80 32.26 69.94
整形外科では、主に骨折や脊椎疾患に対しての手術が必要な患者さんを入院で診療しています。いずれも高齢の患者さんが多くなっており、運動機能回復にはある程度の日数も必要とすることから術後の状態が落ち着きましたら、近くの医療機関でのリハビリをお願いさせていただき、連携の強化を図ると共に退院後にしっかりした経過観察を行えるように取り組んでおり、平均在院日数も全国の病院と同様に短くなっています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx04xxxx 乳房の悪性腫瘍 組織拡張器による再建手術(一連につき) 乳房(再建手術)の場合等 31 8.19 8.23 0.00 48.81
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 12 4.33 5.37 0.00 37.67
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 3.15
090010xx97x0xx 乳房の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2なし 6.52
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 5.59
形成外科では、主に乳房等の悪性腫瘍、眼瞼下垂等の変性疾患の患者に対して、当科単独で治療にあたるだけでなく、他の診療科とも連携して診療をすすめています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 66 10.06 9.69 15.15 77.82
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 61 18.84 18.72 68.85 67.16
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 36 16.31 16.18 52.78 73.03
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 25 12.60 7.35 20.00 65.92
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 22 17.91 16.16 45.45 72.32
脳神経外科では、救急患者の受け入れを基本的に断らないことから、脳卒中、頭部外傷の患者さんが多くなっています。脳卒中に関しては、地域の脳卒中連携パスを積極的に運用し、回復期リハビリテーション病院への早期の転院をお願いしています。また、上記以外でも、脳腫瘍、小児奇形の患者さんも多く入院され、治療にあたっています。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 94 9.33 11.87 0.00 63.39
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 11 11.00 10.08 0.00 48.18
160450xx99x10x 肺・胸部気管・気管支損傷 手術なし 手術・処置等2あり 副傷病なし 10.81
040040xx97x10x 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等21あり 副傷病なし 19.16
040020xx97xxxx 縦隔の良性腫瘍 手術あり 8.66
呼吸器外科では、肺の悪性腫瘍(原発性肺癌や転移性肺癌)に対する治療(主に手術)を担当しています。平均在院日数は全国の平均より2日以上短くなっております。退院後は、お近くの病院、診療所と連携して経過観察しています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 副傷病なし 26 15.73 24.00 3.85 69.35
050050xx0101xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 17 13.47 22.91 0.00 71.24
050050xx0111xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等11,2あり 手術・処置等21あり 26.73
050161xx97x10x 解離性大動脈瘤 その他の手術あり 手術・処置等21あり 副傷病なし 28.37
050050xx01510x 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等15あり 手術・処置等21あり 副傷病なし 37.34
心臓血管外科では、主に大動脈瘤疾患や弁膜症を入院で診療しています。術後の症状が落ち着いたらお近くの医療機関に診療をお願いする等の連携の強化にも取り組んでいます。
小児心臓外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
14031xx002x0xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳以上) ファロー四徴症手術等 手術・処置等2なし 26 21.00 24.62 0.00 3.50
14031xx101x0xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳未満) 大血管転位症手術 大血管血流転換術(ジャテーン手術)等 手術・処置等2なし 19 47.26 40.02 0.00 0.00
14031xx003x0xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳以上) 心室中隔欠損閉鎖術 単独のもの等 手術・処置等2なし 14 13.21 14.68 0.00 6.36
14029xxx01x0xx 動脈管開存症、心房中隔欠損症 弁形成術等 手術・処置等2なし 13 13.54 15.15 0.00 8.15
14031xx103x0xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳未満) 心室中隔欠損閉鎖術 単独のもの等 手術・処置等2なし 12 17.17 20.59 0.00 0.00
小児心臓外科では、先天性心疾患を対象に診療しています。当科の在院日数は全国病院の先天性心疾患の平均在院日数と比べ短く、心房中隔欠損症や心室中隔欠損症では術後約1週間程度で軽快退院しています。術前や周産期管理も含め、小児循環器内科等の関連診療科と綿密に連携を取りながら、診療を行っています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし 40 2.55 8.16 0.00 73.30
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1なし 37 10.46 12.51 8.11 64.86
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 23 6.74 8.98 0.00 69.61
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし 21 2.05 4.05 4.76 48.67
080080xxxxxxxx 痒疹、蕁麻疹 6.36
皮膚科では、主に帯状疱疹や蜂窩織炎などの皮膚の感染性疾患や皮膚腫瘍の手術などを入院で治療しています。平均在院日数は全国の病院と比較して短くなっており、また近隣の医療機関からの紹介患者も多く、連携して診療しています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 副傷病なし 188 2.20 2.53 0.00 70.96
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 142 7.35 7.20 0.00 73.69
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術 手術・処置等1なし 副傷病なし 113 8.02 5.62 0.00 61.36
110080xx01xxxx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 103 11.58 12.63 0.00 68.91
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2なし 48 16.23 19.01 0.00 69.79
泌尿器科では、尿路及び男性生殖器に関する様々な疾患を入院で診療しています。悪性腫瘍では、腎癌、膀胱癌、前立腺癌、精巣癌などを担当しています。前立腺癌は男性では胃癌に次いで2番目に多く罹患される癌であり、手術目的の入院が増加しています。また、膀胱癌の多くは筋層非浸潤性で膀胱温存で治療が可能ですが、膀胱内に再発を繰り返すことがあり、1回の入院加療ではなく入院加療を複数回必要とする場合があります。腫瘍以外の疾患では尿路結石での入院診療が多く、体外衝撃波結石破砕術のほか最近では、経尿道的な内視鏡治療での入院が多くなっています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等25あり 副傷病なし 102 4.34 4.61 0.00 61.91
120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等 94 8.60 9.63 2.13 34.17
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 90 4.22 4.85 0.00 64.72
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮頸部(腟部)切除術等 手術・処置等2なし 73 3.03 3.20 0.00 39.40
12002xxx01x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 60 12.40 12.58 0.00 58.22
当院は岐阜県の総合周産期母子医療センターに指定されているため、切迫早産や異常分娩が多く、帝王切開術(子宮破裂手術等)が多くなっています。がん拠点病院でもあり、悪性腫瘍手術や入院化学療法の症例も多いです。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり片眼 88 2.01 2.84 3.41 75.65
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり片眼 43 7.56 9.75 0.00 58.28
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり片眼 21 4.05 6.16 0.00 72.24
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2なし片眼 18 7.11 7.52 0.00 63.11
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり片眼 18 6.22 8.00 0.00 74.28
眼科では、網膜硝子体疾患(網膜剥離、増殖糖尿病網膜症、黄斑円孔、黄斑上膜、硝子体出血など)を入院で加療しています。平均在院日数は全国の病院と比較して短くなっています。各疾病に対し、状態が落ち着けばお近くの医療機関に診療をお願いするなどの連携の強化に取り組んでいます。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 手術・処置等1あり 89 2.00 2.04 0.00 61.39
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 56 7.02 7.89 0.00 23.39
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 39 5.90 7.04 0.00 60.72
030250xx970xxx 睡眠時無呼吸 手術あり 手術・処置等1なし 34 6.94 8.29 0.00 7.29
030430xx97xxxx 滲出性中耳炎、耳管炎、耳管閉塞 手術あり 31 3.13 3.17 0.00 4.23
耳鼻咽喉科では、扁桃腺の手術は全例全身麻酔で行っています。入院期間は7日間です。また、唾液腺、副鼻腔炎の手術では、安全性の確保のため、神経刺激装置、ナビゲーションシステムを併用しています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 114 12 28 30 34 67 1 6,7,8
大腸癌 51 48 73 68 42 54 1 6,7,8
乳癌 91 45 4 7 28 6 1 7,8
肺癌 81 40 79 98 28 138 1 7,8
肝癌 14 23 7 5 0 96 1 6,7,8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院は、地域がん診療連携拠点病院として、癌の診断、治療に力を入れています。
・早期の胃癌、大腸癌に対しては内視鏡的治療(ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)、EMR(内視鏡的粘膜切除術))、腹腔鏡手術を積極的にすすめ、低侵襲治療を行っています。高度進行癌に対する外科的切除と化学療法も外科と消化器内科が連携し積極的な診療を行っています。緩和的治療としてのステント留置術も行っています。高度進行癌に関しては化学療法を行っており、外来化学療法センターでの通院治療も増加しています。
・乳癌は、ステージ診断の他、病理検査による腫瘍の特徴、画像検査による病巣の広がりを把握し、症例毎に最も適切と思われる治療法を選択できるように努力しています。
・肺癌に対しては、手術可能な病期であれば積極的に外科的切除を行っています。手術治療に加え、抗癌剤・放射線治療を追加して根治性を高めています。
・原発性肝癌は、背景肝やステージに応じて、根治性を考え、外科的切除、ラジオ波焼灼術の根治療法を選択します。内科的治療として、ラジオ波焼灼術、肝動脈化学塞栓術、分子標的薬治療、放射線治療を行います。多発例、再発例では、経過により集学的な治療を行っています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 15 9.93 49.00
中等症 98 16.61 74.65
重症 44 18.73 82.18
超重症 13 17.46 84.77
不明
市中肺炎とは、普段の社会生活を送っている中で罹患した肺炎のことです。重症度分類には、市中肺炎ガイドラインのA-DROPスコアを用いています。重症度が上がるほど入院日数が長くなる傾向にあります。ただし、超重症に関しては、年間の症例数が10症例未満であるため、数値は示していません。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 289 19.38 74.94 45.72
その他 15 21.40 71.87 2.30
発症3日以内の脳梗塞症例は283例であり、平均在院日数は18.80日、平均年齢は74.49歳、転院率は37.13%となっております。脳梗塞の6割以上の患者さんが自宅退院となっています。
脳卒中の患者さんは、脳卒中センターで集中的に治療にあたっています。毎週の検討会で治療方針を決め、早期からリハビリを開始しています。また、地域の脳卒中連携パスを運用し、回復期リハビリテーション病院との連携を深め、患者さんに合ったリハビリ病院への転院をお願いしています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 56 6.89 17.13 5.36 67.34
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 14 7.79 9.14 7.14 68.86
K608-3 内シャント血栓除去術
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈)
K596 体外ペースメーキング術
腎臓内科では、透析が必要な慢性腎不全の患者さんに対して、先行的内シャント造設等による計画的導入を心掛けていますが、高齢で合併症の多い患者さんの割合が高く、術後の全身状態回復にやや時間がかかり、リハビリを含め転院加療を継続する患者さんもみえます。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) 116 1.47 7.35 4.31 72.15
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 89 1.76 6.93 1.12 74.73
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 78 4.01 12.12 5.13 77.28
K654 内視鏡的消化管止血術 57 0.49 13.47 5.26 71.51
K682-3 内視鏡的経鼻胆管ドレナージ術(ENBD) 45 0.93 9.58 4.44 74.40
当院は救命救急センターを有しており、上部消化管出血、下部消化管出血の患者を診療しています。病気が落ち着いたら、近隣の医療機関に診療をお願いする等の連携強化に取り組んでいます。
胆管結石や胆管狭窄に対する内視鏡治療においては、内視鏡的乳頭拡張術、特に乳頭切開術を行うことを基本として、採石や胆管ドレナージチューブの留置を行っています。平均術前日数、術後日数ともに全国平均より若干長くなっていますが、術前については待機的治療を行うことがやや多いことが原因と考えられ、術後については、ほとんどの症例に対して、治療後の一過性胆管炎や胆汁流出障害を予防する目的で内視鏡的経鼻胆管ドレナージの留置を行っているためと考えられます。
原発性肝癌の内科的治療としては、主に肝動脈化学塞栓術を行っています。また、消化管出血や腹腔内出血に対しては、緊急血管止血術を行っています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 179 2.00 2.42 1.12 68.89
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 174 2.29 2.92 1.15 70.20
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 120 2.04 4.91 3.33 74.83
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 85 0.00 13.85 3.53 70.45
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他) 59 0.51 2.34 0.00 57.68
循環器内科では、カテーテルによる手術を中心に行っています。最近では、主に下肢動脈のインターベンションも手術件数が増加してきています。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7151 腸重積症整復術(非観血的なもの) 12 0.00 2.83 0.00 2.00
K653-3 内視鏡的食道及び胃内異物摘出術
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他)
K7182 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの)
K626-2 リンパ節膿瘍切開術
当院では小児外科があるため、内科的な整復が困難な腸重積症の紹介を受けています。当科で内科的(非観血的)整復を行った場合には、早期退院に取り組んでいます。
小児循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K570-3 経皮的肺動脈形成術 24 1.88 1.75 0.00 3.21
K574-2 経皮的心房中隔欠損閉鎖術 16 2.13 4.81 0.00 27.63
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他)
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他のもの)
K5621 動脈管開存症手術(経皮的動脈管開存閉鎖術)
小児循環器内科では、先天性心疾患のカテーテル治療に積極的に取り組んでいます。外科手術に比べ低侵襲で在院日数も短く加療できるメリットがあります。
新生児内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) 68 0.00 32.47 8.82 0.00
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度) 33 0.00 83.67 18.18 0.00
K5622 動脈管開存症手術(動脈管開存閉鎖術(直視下))
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術
K7291 腸閉鎖症手術(腸管切除を伴わない)
新生児内科では、早産児の分娩立合いに積極的に取り組んでおり、マスクCPAPや気管挿管による新生児仮死蘇生術が手術項目の大部分を占めています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 157 1.98 4.44 0.00 64.18
K6335 鼠径ヘルニア手術 117 0.17 2.67 0.00 67.46
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 81 1.94 11.63 2.47 71.60
K655-22 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 44 4.02 16.57 6.82 71.27
K6552 腹腔鏡下胃切除術(悪性腫瘍手術) 39 1.72 11.51 0.00 72.08
腹腔鏡下胆嚢摘出術は、手術前日に入院し、術後4日の入院期間で、ヘルニア手術は手術前日あるいは当日に入院し、術後3日の入院期間で実施しています。重症患者では術後期間が延長することもあります。重い循環器疾患を合併した患者さんは1週間前後の術前期間をとり薬剤調整を行い手術に臨んでいます。
虫垂切除術は、緊急性が高いため、重症度によっては夜間での緊急手術になることも多くあります。迅速な対応により入院期間は短くなっています。
乳腺外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 68 1.79 6.74 0.00 59.54
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 40 1.80 3.65 0.00 60.95
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない) 28 1.39 6.93 0.00 59.50
K4741 乳腺腫瘍摘出術(長径5cm未満) 12 0.58 1.00 0.00 37.17
K4742 乳腺腫瘍摘出術(長径5cm以上)
・乳癌の広がりを慎重に判断し、温存治療の適応を決定しています。当院での乳房温存療法後の乳房内再発率は5%以下です。センチネルリンパ節生検でリンパ節転移がなかった場合は、リンパ節廓清を省略し、後遺症の少ない手術を行っています。
・乳房全摘の場合、形成外科との連携で乳房再建が可能です。
小児外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 46 0.74 1.02 0.00 3.61
K836 停留精巣固定術 11 0.91 1.00 0.00 1.91
K8351 陰嚢水腫手術(交通性陰嚢水腫手術)
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)
K5223 食道狭窄拡張術(拡張用バルーン)
鼠径ヘルニア手術、停留精巣固定術共に手術翌日退院(他の手術に併施した場合を除く。)です。鼠径ヘルニア手術は生後1ヶ月以上、体重4kg以上で手術可能です。それに満たない場合は、麻酔科と検討し手術を決定します。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 131 1.82 16.27 73.28 74.60
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 84 2.55 16.38 42.86 70.05
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 56 2.50 18.36 17.86 71.02
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 46 3.65 17.04 84.78 84.98
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定) 46 1.93 18.48 43.48 69.65
整形外科では、脊椎疾患や骨折による手術が必要な患者さんの入院が主となっています。いずれも高齢の患者さんが多くなっており、様々な合併症の予防目的から入院後早期に手術を行い術前在院日数の短縮を図るとともに早期社会復帰を目指して平均術後日数の短縮も図るように目指しています。また、患者さんによっては近くの医療機関でのリハビリをお願いさせていただき、リハビリが不十分とならないように取り組んでいます。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K476-4 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後) 27 1.00 5.96 0.00 48.26
K227 眼窩骨折観血的手術(眼窩ブローアウト骨折手術を含む)
K476-2 陥没乳頭形成術,再建乳房乳頭形成術
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(肩,上腕,前腕,大腿,下腿,躯幹)
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法)
形成外科では、乳腺外科と連携し主に乳がん患者に対する乳房再建術を行っています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 67 0.45 8.43 14.93 79.37
K1742 水頭症手術(シャント手術) 17 9.88 15.35 41.18 50.94
K1781 脳血管内手術(1箇所) 13 0.23 15.08 15.38 63.92
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 12 0.42 31.33 41.67 66.75
K1642 頭蓋内血腫除去術(開頭)(硬膜下) 11 0.64 40.18 63.64 70.27
ちょっとした頭部外傷後、約1~2ヵ月後に発症する慢性硬膜下血腫は、近医からのご紹介も多く、早々に手術を施行しています。また、ハイブリッド手術室があることから脳動脈瘤の治療に対し、開頭術と脳血管内手術の適応を考慮し、患者さんに適切な治療法を選択しています。
小児奇形の患者さんも多く、中でも水頭症手術が多く、新生児内科、小児科と併診で治療にあたっています。
最近では、内視鏡下による下垂体腫瘍の手術も最新のシステムで取り組んでいます。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 60 1.05 8.37 0.00 69.02
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 18 1.11 6.06 0.00 69.50
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 12 6.08 3.58 0.00 48.00
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除) 11 1.00 6.73 0.00 68.64
K5132 胸腔鏡下肺切除術(その他)
呼吸器外科では、肺悪性腫瘍(原発性肺癌、転移性肺癌)、気胸、縦隔腫瘍の手術などを担当しています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺不使用)(2吻合以上) 39 3.90 12.49 5.13 70.90
K5551 弁置換術(1弁) 28 3.21 12.79 10.71 70.75
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上)
K5601ニ 大動脈瘤切除術(上行大動脈)(その他のもの)
K5541 弁形成術(1弁)
バイパス移植術は、2週間程度の入院で、96%自宅に退院しています。大動脈瘤切除術は、2~4週間程度の入院で、87%自宅に退院しています。弁置換術は、3~4週間程度の入院で、100%自宅に退院しています。年齢では平均年齢が70歳を超えている術式もあり、高齢化がすすんでいます。
小児心臓外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5761 心室中隔欠損閉鎖術(単独) 20 3.85 10.25 0.00 1.30
K5741 心房中隔欠損閉鎖術(単独) 10 2.80 7.30 0.00 7.60
K5862 単心室症又は三尖弁閉鎖症手術(フォンタン手術)
K5671 大動脈縮窄(離断)症手術(単独)
K5861 単心室症又は三尖弁閉鎖症手術(両方向性グレン手術)
小児心臓外科では、先天性心疾患を対象に診療しています。新生児期の総肺静脈還流異常症手術、大血管転位症手術(ジャテーン手術)、ノーウッド手術、単心室症に対する段階的フォンタン手術などの複雑心疾患の難手術に対しても積極的に手術を行い、高い救命率を維持することはもちろん、術後のQOLも満足していただけるよう努力しています。また、心房中隔欠損症や心室中隔欠損症に対しては、積極的に無輸血手術にも取り組んでいます。
術前や周産期管理も含め、小児循環器内科等の関連診療科と綿密に連携を取りながら、診療を行っています。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 43 0.00 1.53 0.00 73.37
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満)
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上)
K0064 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径12cm以上)
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満)
皮膚科では、有棘細胞癌、基底細胞癌等の皮膚悪性腫瘍の切除手術及び比較的大きな皮膚腫瘍の切除術を中心に入院手術を行っています。腫瘍切除に伴う皮膚欠損には、単純縫合、植皮術、皮弁術等で再建を行っています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 139 1.64 5.33 0.00 73.52
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 108 2.38 5.13 0.00 61.57
K843-4 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いる) 102 2.20 8.44 0.00 68.87
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 65 0.34 8.52 6.15 64.26
K841-21 経尿道的レーザー前立腺切除術(ホルミウムレーザー) 33 1.61 6.00 0.00 72.21
泌尿器科では、尿路及び男性生殖器に関する様々な疾患の手術を施行しています。前立腺癌に対しては、平成25年3月よりロボット支援腹腔鏡下手術を施行しており、ロボットを導入している施設が限られているため当院での症例数も多くなっています。開放手術より早期な退院が可能となっています。膀胱癌の多くは筋層非浸潤性で、膀胱を温存する経尿道的手術を多く行っています。また、筋層浸潤癌には膀胱全摘が必要ですが、最近ではロボット支援腹腔鏡下手術も施行しています。腫瘍以外の疾患では、尿路結石での手術が多いです。軟性の腎盂ファイバーの細径化とホルミウムレーザーの導入により破砕のみを行う体外衝撃波結石破砕術より、摘出まで施行する内視鏡治療が増加しています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 125 5.95 6.62 1.60 33.44
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 102 6.93 6.99 1.96 33.36
K867 子宮頸部(腟部)切除術 72 1.00 1.01 0.00 39.51
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 64 0.92 4.72 0.00 42.72
K879 子宮悪性腫瘍手術 57 1.53 10.46 0.00 58.18
当院は、総合周産期母子医療センターに指定されているため、産科でリスクが高い患者が入院しており、帝王切開率が高くなっています。子宮頸部異形成の紹介患者も多いため、子宮頸部切除術を多く施行しています。また、卵巣腫瘍ついては、腹腔鏡手術を積極的に行っています。がん拠点病院であるため、悪性腫瘍手術が多くなっています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 89 0.00 6.60 0.00 63.08
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 80 0.00 1.00 3.75 75.65
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) 24 0.00 2.75 0.00 72.21
K2683 緑内障手術(濾過手術) 13 0.00 6.46 0.00 71.77
K284 硝子体置換術
眼科では、白内障手術のほとんどは日帰り手術で対応していますが、入院(1泊2日)も可能です。小児の斜視手術は全身麻酔で施行し、1泊2日です。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 85 0.94 5.06 0.00 17.69
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 30 0.90 1.23 0.00 4.20
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 28 0.82 4.04 0.00 61.93
K3192 鼓室形成手術(耳小骨再建術) 22 0.95 5.50 0.00 52.59
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 13 0.08 6.23 0.00 43.69
副鼻腔手術は、局所麻酔、全身麻酔のどちらでも対応できる体制を整えています。最近では、全身麻酔で施行する患者さんが増えています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 10 0.07
異なる 16 0.11
180010 敗血症 同一 71 0.49
異なる 19 0.13
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 79 0.54
異なる - -
播種性血管内凝固症候群(DIC)とは、様々な重症の基礎疾患のために過剰な血液凝固反応活性化が生ずるため生体内の抗血栓性の制御能が十分でなくなり、全身の細小血管内で微小血栓が多発して臓器不全、出血傾向のみられる予後不良の疾患です。そのため、入院契機の疾患と異なる場合が多く、治療には原因となる基礎疾患の治療が重要となりますが、抗凝固療法などによりDICをコントロールする場合も多いです。
敗血症とは、生体のある部分で感染症を起こしている場所から血液中に病原体が入り込み、重篤な全身症状を引き起こす疾患です。発症した場合は、早期の原因菌の検索と適切な抗菌薬の投与を実施しています。
その他の真菌感染症の予防としては、口腔内にも真菌が多く存在するため、術前の口腔ケアを積極的に実施しています。
また、手術・処置等の合併症については、医療は現在も発展途上で不確実なものであるため、完全に予防することはできませんが、事前に十分説明をした上で、発症が最小限になるように努めています。
更新履歴
2019/9/26
「病院情報の公表」に関する各指標を公開