地域医療連携部

 

 

 

地域医療連携部について

地域医療連携部 

 病診連携とは、「診療所」と「病院」がそれぞれの特性を生かしながら、役割や機能を分担し相互に連携して、地域のみなさま方に対し効率的で効果的な医療を提供することです。具体的には、診療所(医院・クリニックなど)で診察を受け、さらに専門医の診察・精密検査が必要になった場合、診療所から紹介を受け治療を行います。そして、病状が軽快・安定した段階でお近くの病院や診療所・医院で継続して診療いただくものです。地域医療連携部は地域の医療機関をつなぐ架け橋として、患者さんや家族の皆様が安心して医療を受けられるように活動しています。

ページTOPへ

地域医療連携部の組織図

前方連携室とは(病診連携の役割)

 前方連携室は、地域の医療機関をつなぐ窓口となり、患者さんやご家族の皆様が安心して、より専門性の高い医療が受けられるよう、専門診療科の検査や診察の調整、地域医療機関との情報共有ができるようにと努めております。
 

後方連携室とは

 後方連携室では、患者さんの病状が安定した段階で、継続して地域の病院・診療所で患者さんの状態を診ていただき、患者さんが安心して地域で生活を続けられるように、地域の医療機関との連携強化に努めます。
 地域の医療機関を定期的に訪問し、医療機関の特色を把握します。また、当院と合同で研修会を企画するなどして、地域全体の医療体制の強化に努めます。
 

連携パス推進室とは

 連携パス推進室では、連携パスを通じてかかりつけ医と当院専門医とで共同診療をおこない、患者さんの病気の状態に応じた治療・診察を受け、安心して地域で生活を送れるよう支援しています。

ページTOPへ

地域医療支援病院について

当センターは、平成20年9月に「地域医療支援病院」に承認されました。今後もさらに地域のかかりつけ医との連携を深めて地域医療を進めてまいります。

地域医療支援病院とは?

 地域医療支援病院とは、地域の病院、診療所等を後方支援するという形で医療機関との連携を深める目的で創設された医療機関の機能別区分のひとつです。地域医療支援病院に指定されるためには以下の承認用件を満たす必要があります。

病院の規模は原則として病床数が200床以上の病院であること。

他の医療機関からの紹介患者数の比率が80%以上(承認初年度は60%以上)であること。あるいは紹介率40%以上かつ逆紹介率60%以上であること。

他の医療機関に対して高額な医療機器や病床を提供し共同利用すること。

地域の医療従事者の向上のため生涯教育等の研修を実施していること。

救急医療を提供する能力を有すること。

ページTOPへ

医療機関のみなさまへ

 検査・診察予約のご案内

  前方連携室では、医療機関の皆様からのFAX、インターネットでの検査・診察予約(検査予約はFAXのみ)を受け付けております。ご紹介いただく際には、「紹介・連絡申込書」等に必要事項を記入の上、「診療情報提供書」をFAXでお送りいただきますと専門医へのご案内がスムーズとなり、待ち時間の短縮が図れます。
(※ご紹介の患者様の状態によっては、診療情報提供書の作成をお願いする場合もございます。)

検査・診察予約の方法については、下記よりご確認ください。
※インターネット診察予約は小児科のみとなっております。

検査・診察予約の方法

 

※紹介連絡・申込書、問診票一覧、検査予約項目一覧表は下記よりご確認ください。

紹介連絡・予約申込書 【word】

アレルギー関連調査票(提出必須) 【word】

問診票一覧はこちら

検査予約項目一覧表はこちら

 

 インターネット診療予約サイトの利用を希望される方へ

  岐阜県総合医療センターでは、平成26年4月より、インターネットから診療予約を行うためのインターネット診療予約サイトを開設しました。当院登録医の方は、どなたでもご利用できます。利用いただくには、Eメールアドレスの登録が必要となります。電話(058-249-0017)または、メールにて、病診連携室までお知らせください。確認後、ID、パスワードをメールでお知らせします。

※現在、小児科のみ試験運用中です。
 

インターネット診療予約サイトへ登録するメリット

   1. 診察室で患者さんと共に診察予約ができる。

   2. 予約の空き状況をインターネットから閲覧できる。

   3. その場で、予約が確定されるため、患者さんを待たせなくてよい。

岐阜県総合医療センターの登録医を希望される方へ 

  当センターの登録医への登録を希望される方は、地域医療連携部に直接ご連絡ください。

 地域医療連携部 TEL:(058)249-0017

 

地域医療連携部広報誌 「れんけい」について

 岐阜県総合医療センターでは、医療関係者のみなさまに向けた地域医療連携部広報誌「れんけい」を発行し、当センターの診療科、設備の紹介、連携医の紹介等を行っております。

地域医療連携部広報誌「れんけい」はこちら

開放型登録医一覧

医療関係者のみなさまも参加可能な教育・研修会

 岐阜県総合医療センターでは、医療関係者のみなさまも参加可能な教育・研修会を主催しております。教育・研修会の題目については、下記リンクよりご確認ください。また、詳細な日時等は、病診連携室までお問い合わせください。

2020年度 教育・研修会計画一覧

 医療連携の窓口・連絡先 

こちらは地域の医療機関の先生方を対象としております。

住所:〒500-8717 岐阜県岐阜市野一色 4-6-1

岐阜県総合医療センター 地域医療連携部     
FAX:058-248-9334      電話:058-249-0017

※時間外・休日については、翌稼働日以降にご連絡いたします。

 ページTOPへ

登録医のみなさまへ(開放病床・共同診療について)

開放型病床をご利用される場合

  紹介患者さんが入院されましたら、診療科と入院病棟をFAXでお知らせします。同意されましたら、送付しました開放型病床入院申込書にサインをしてFAXでお送りください。後日、対象患者さんにも同意をとらせていただきます。

 

共同診療に御来院いただく場合

事前に来院日時を電話でお知らせください。

来院当日は、病診連携室へおいでください。病棟にはスタッフが同行させていただきます。
※白衣・聴診器・IDカードはご用意しております。

患者さんが退院されましたら、ご連絡させていただきます。

ページTOPへ

県民のみなさまへ

かかりつけ医をおもちですか?

  かかりつけ医をお持ちの方は、「紹介状」をおもちください。検査の重複を避けて、より専門的な検査・治療を行うために大変役立ちます。

  かかりつけ医より当院の診察予約をしていただければ、予約日時をご連絡させていただきます。待ち時間も少なくなり、「初診に係る保険外併用療養費(5,500円)」の負担がなくなります。

  検査の結果や治療経過については、当院の担当医から、すみやかに報告させていただきます。

逆紹介をいたします。

  お近くの医療機関を希望される方は、遠慮なくおしゃってください。担当医が紹介状を書きます。また、かかりつけ医がない方は、ご相談をさせていただきながら、お近くの医療機関を紹介させていただきます。

ページTOPへ

セカンド・オピニオンをご希望の方へ

 セカンド・オピニオンは通常の保険診療とは異なり、『相談』の形をとります。希望される方は「セカンド・オピニオンのご案内」をクリックして詳細をご覧ください。

セカンド・オピニオンのご案内

ページTOPへ

 

医療関係者向け情報

※現在、インターネット予約は小児科のみで行っております。

※上記サイトは医療関係者様の専用サイトになります。登録を希望される医療関係者様は、下記リンクの"インターネット診療予約サイトへの登録を希望される方へ"をご確認ください。

インターネット診療予約サイトへの登録を希望される方へ

児童虐待防止医療ネットワーク事業について

  岐阜県総合医療センターは、2019年4月1日から岐阜県の児童虐待防止医療ネットワーク事業を受託しました。

児童虐待防止医療ネットワーク事業~医療機関向け相談窓口開設のご案内~【PDF】 

岐阜県庁HP : https://www.pref.gifu.lg.jp/event-calendar/c_11217/jidougyakutaiiryou.html

相談方法

  ①医療機関からの電話相談(相談費用は無料です。)

 ②受診

相談時間

  ①平日 8:30~17:15            ・・・ 児童虐待コーディネーター(医療ソーシャルワーカー)

 ②平日 17:15~翌8:30 及び 土日祝日 ・・ 受診のみ対応(救急外来当直小児科医)

連絡先

住所:〒500-8717 岐阜県岐阜市野一色 4-6-1
            岐阜県総合医療センター 
電話:058-246-1111(代表)  (コーディネーター PHS 8506)

 

ページTOPへ

 

最終更新日:2021/03/03