皮膚科

医師スタッフの紹介

役職 皮膚科部長
氏名 永井 美貴

日本皮膚科学会認定皮膚科専門医・指導医
岐阜大学皮膚病態学非常勤講師
医学博士

 

日本臨床皮膚科医会
 

役職 医師
氏名 服部 有希

 

役職 医師(専攻医)
氏名 淺野 雅登

 

診療医師担当表はこちら

ページTOPへ

関連する診療科・専門外来

ページTOPへ

診療内容について

 私たちは、乳幼児から高齢者まで年齢性別を問わず、全身の皮膚に関するすべての疾患を対象とし、発疹学に基づいた皮膚科医ならではの視診で正確な所見を読み取ります。と同時にダーモスコープ、真菌学的検査、皮膚病理検査、パッチテスト、アレルゲン検査などでより客観的な診断を得、確定診断に導きます。治療は、その病変にあった治療すなわち処置の指導、外用剤の選択、内服薬の投与などを行います。時に、光線療法(PUVA,NBUVB)や皮膚外科的手法等を用い専門的な治療を試みます。複雑な疾患に関しては当院の他科とも連携をし、患者さんがより満足されますよう心がけています。

主な症状・病気

  私たちは、日常によく遭遇する湿疹・アトピー性皮膚炎などの湿疹皮膚炎、蕁麻疹・薬疹、光線過敏症などのアレルギー疾患のみならず、紅斑症、乾癬などの炎症性角化症、天疱瘡や類天疱瘡などの自己免疫性水疱症、皮膚科領域の膠原病、皮膚良性・悪性腫瘍、蜂窩織炎などの急性感染症・帯状疱疹などのウイルス疾患・真菌感染症や白斑症や脱毛症などを対象に検査、治療をしています。また外科や呼吸器内科などから依頼される生物学的製剤や化学療法剤に伴う手足症候群などの皮膚症状などにも積極的に対応しています。また複雑な手技が要求される皮膚腫瘍の手術に関しても形成外科などとも適宜相談の上施行しています。

ページTOPへ

体制

当施設は日本皮膚科学会認定専門医研修施設です。 2015年度から新体制になりました。

外来

午前:通常の診療(初診担当医 2名、再診担当医1~2名(金曜日は各々1名))
午後:皮膚科入院患者処置、パッチテスト・皮膚生検ならびに外来小外科などを行っています。
    また、手術室での外科手術(2回/週)をしています。 ​ 

入院

 帯状疱疹・蜂窩織炎・丹毒などの急性感染症、うっ滞性皮膚炎、下腿潰瘍、アトピー性皮膚炎の急性増悪、薬疹、中等症までの熱傷、自己免疫性水疱症、膠原病、皮膚腫瘍などに幅広くたくさんの患者さんに利用していただいています。急性期が過ぎれば、連携医へ逆紹介を積極的に行っています。

ページTOPへ

特徴・特色

検査

真菌検査
真菌検鏡や培養を行い、確実な診断を心がけます。

   

ダーモスコープ
視診では診断に苦慮する色素性病変に対して、ダーモスコープを用い、さらに詳細に診察をします。

皮膚生検(予約制)
原則、局所麻酔下にて診断に必要な皮膚を採取し、病理検査に提出します。

皮膚病理組織検査(蛍光抗体法を含む)
皮膚生検、手術標本を病理学的に検討します。HE染色のみならず、蛍光抗体法や免疫染色など場合によっては追加し、病態生理を理解し、確定診断に導きます。

 

パッチテスト(予約制)
薬などのアレルゲンと推測されるものをパッチテストを行います。その他、ジャパニーズスタンダードアレルゲン21種類や金属アレルゲン17種類などによるスクリーニング行います。期間は原則10月から6月ころの比較的汗をかきにくい期間で行います。原則パッチテスト貼付後(火曜日)、48時間(木曜日)、72時間(金曜日)、1週間目(翌火曜日)に当院の診察室で判定をします。


 

治療

液体窒素療法(尋常性疣贅、日光角化症など)

光線療法(尋常性乾癬、掌蹠膿疱症、類乾癬、菌状息肉症、
尋常性白斑など)

免疫療法(難治性脱毛症に対してDPCP療法の外用)

皮膚外科手術
​良性腫瘍の摘出(ほくろ(母斑)、表皮嚢腫、脂肪腫など)に加え、
​日光角化症、ボーエン病、基底細胞癌、有棘細胞癌などの悪性腫瘍に対して手術をおこなっています。

アトピー性皮膚炎の外用教育入院と生物学的製剤の導入(成人例)

乾癬の治療
ビタミンD3製剤やステロイド外用剤のみならず、光線療法や免疫療法、また生物学的製剤など
症状にあわせた治療を選択します。

難治性皮膚潰瘍
日々の外用療法に加え、持続的吸引療法など適応があれば、検討します。

特発性の慢性蕁麻疹
場合によっては、既存治療で効果不十分な患者には、オマリズマブ(遺伝子組換え)を検討します。(保険適応)

※当院では、生物学的製剤による高額な医療費に対し、患者さんの経済的な負担に対する不安を軽減するために、さまざまな仕組みの説明をいたします。(予約制)

ページTOPへ

カンファレンス・専門外来

カンファレンス

皮膚科症例検討会
週1回、全皮膚科医で、皮膚生検ならびに手術患者さんの臨床経過、
臨床像と病理組織標本を参考に、検討会をし、安全で確実な治療が
なされるよう心がけています。病理診断科ともディスカッションをさせて
​いただいています。

入院患者褥瘡回診(月2回)
皮膚科医と形成外科医、院内のwocナース、薬剤師そして栄養管理士らで褥瘡チームを組み、
入院中で褥瘡に苦慮されている患者様のベッドサイドまで伺い、姿勢や体位・除圧などの環境の確認や外用剤、創傷被覆材などの適切な使用状況を確認し、病院内の褥瘡治療の向上に取り
組んでいます。また年に3回、院内合同褥瘡部会で病院全体の目標を明確に達成できるよう努力しています。さらに年に1回病院全体で褥瘡セミナーを開き、外部の講師の講演を聴き、より正確な見解が当院に取り入れるよう努力しています


 

専門外来

稀少難治性皮膚疾患外来 予約制 (毎水曜日午後)
先天性表皮水疱症など日常の皮膚処置が苦痛で、処置方法も日々変化する疾患に対して、具体的な処置の方法・生活指導などを行います。

難治性慢性皮膚疾患(学童)外来 予約制(毎水曜日午後)
小中高校生を対象に難治性慢性皮膚疾患(アトピー性皮膚炎、白斑、脱毛症など)に罹患している児童に対する診療をいたします。連携医とも前向きに連携し、皮膚科専門家としてのアドバイスを行います。

ページTOPへ

お知らせ

【当科受診の患者さんへ】

発熱、全身状態の悪い方は、皮膚科受付で遠慮なくお申し出ください。 

初診(原則):①緊急性を要する方(時間内救急部にも対応)、②紹介状をお持ちの方、③紹介状をお持ちでない当日お越しの方の順でお呼びします。

再診(原則):予約再診患者さんが終了次第、予約のない当日お越しの再診患者さんをお呼びします。

処置:特殊な処置が必要な場合、処置室で対応します。一般の診察の合間に対応しますので、場合によってはお待ちいただくこともあります。

 効率よく診察が進むよう努力していますが、より重症患者を優先に診察しますので、待ち時間が発生し、必ずしも原則通りにならないこともありますので何卒ご了承願います。

【近隣の医療機関の皆様へ】
当科での検査・治療の適応のある患者さんがおられましたら、お気軽に当院地域連携室をご利用いただければ幸いです。その後、継続的な皮膚科診療が行えるよう病診連携をさせていたしますのでどうぞよろしくお願いいたします。

ページTOPへ

業績・その他

業績

過去3年間の当科にお越しいただいた外来患者数、入院患者数(のべ)、紹介率・逆紹介率
  外来患者数(人) 入院患者のべ数(人) 平均在院日数(日) 紹介率(%) 逆紹介率(%)
 2015年度 18,414 2,476 8.8 60.4 42.2
 2016年度 17,122 2,290 8.8 74.4 71.6
2017年度 17,123 2,264 9.8 76.5 78.2

 

その他

当科は、次世代を担う医学生、研修医に対して教育を積極的にしています。
診療に同席しますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

医学部学生教育
2017年度は1人の学生が実習されました。教科書ではわからない皮膚科の楽しさを共有できればいいと思います。医学生の見学も当院は受け付けておりますので、ホームページにアクセスください。

前期研修医
2017年度は数名の研修医の先生に学んでいただきました。皮膚科ならではの皮疹の読み方や疾患へのアプローチ、また皮膚生検や小外科など実践的な研修をしています。

後期研修医
当科は日本皮膚科学会認定専門医研修施設(主研修施設:岐阜大学医学部皮膚科、木沢記念病院皮膚科)です。

​当科で皮膚科専門医をめざしませんか?当科は、岐阜大学医学部皮膚科プログラムと木澤記念病院皮膚科プログラムそれぞれの専門研修連携施設になりました。当院・当科の後期研修医を希望される方は、当院のホームページにアクセスいただくか、ご連絡いただければと思います。随時見学は受け付けております。

職員募集のご案内(当院求人情報サイト)

ページTOPへ

 

最終更新日:2019/05/29