外科・消化器外科

医師スタッフの紹介

役職 がん医療センター長
氏名 國枝 克行

日本外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会専門医・指導医
日本大腸肛門病学会専門医・指導医
日本癌治療学会臨床試験登録医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医・暫定教育医
消化器がん外科治療認定医

 

昭和53年金沢大学医学部卒

 

専門領域:上部・下部消化管外科

役職 副院長
氏名 河合 雅彦

日本外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会専門医・指導医
日本救急医学会救急科専門医
日本肝胆膵外科学会高度技能指導医
日本内視鏡外科学会技術認定医
日本がん治療認定医機構暫定教育医
消化器がん外科治療認定医
日本静脈経腸栄養学会認定医
診療情報管理士

 

昭和59年岐阜大学医学部卒

 

専門領域:肝胆膵外科

役職 外科部長
氏名 長尾 成敏

日本外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会専門医・指導医
日本食道学会食道科認定医・食道外科専門医
マンモグラフィ検診精度管理中央委員会読影認定医
日本内視鏡外科学会技術認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医・暫定教育医
消化器がん外科治療認定医

 

平成2年岐阜大学医学部卒

 

専門領域:食道外科、上部消化管外科

役職 乳腺外科部長・外科主任医長
氏名 長尾 育子

日本外科学会専門医
日本乳癌学会 乳腺専門医
マンモグラフィ検診精度管理中央委員会読影認定医

 

平成3年東海大学医学部卒

 

専門領域:乳腺外科

役職 消化器外科部長・外科主任医長
氏名 田中 千弘

日本外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会専門医・指導医
日本食道学会食道科認定医・食道外科専門医

日本内視鏡外科学会技術認定医
麻酔科標榜医
消化器がん外科治療認定医

 

平成6年岐阜大学医学部卒

 

専門領域:食道外科、下部消化器外科

役職 救急外科部長・肝胆膵外科部長
氏名 仁田 豊生

日本外科学会専門医
日本消化器外科学会専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
消化器がん外科治療認定医
マンモグラフィ検診精度管理中央委員会読影認定医

 

平成6年岐阜大学医学部卒

 

専門領域:肝胆膵外科、消化器外科、救急外科

役職 外科医長
氏名 杉本 琢哉

日本外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会専門医・指導医
消化器病専門医

日本外科学会認定医
消化器がん外科治療認定医

がん治療認定医

マンモグラフィ検診精度管理中央委員会読影認定医

 

平成12年岐阜大学医学部卒

役職 外科医長
氏名 小森 充嗣

日本外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会専門医
消化器がん外科治療認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
マンモグラフィ検診精度管理中央委員会読影認定医

 

平成13年岐阜大学医学部卒

役職 外科医長
氏名 小木曽 敦子

日本外科学会専門医
日本乳癌学会 乳腺専門医
日本がん治療認定医機構癌治療認定医
マンモグラフィ検診精度管理中央委員会読影認定医

平成16年岐阜大学医学部卒

役職 外科医長
氏名 前田 健一

日本外科学会専門医
日本消化器外科学会専門医
日本がん治療認定医機構癌治療認定医
消化器がん外科治療認定医

平成16年岐阜大学医学部卒

役職 医師
氏名 林 弘賢

日本外科学会専門医
マンモグラフィ検診精度管理中央委員会読影認定医

平成23年自治医科大学卒

役職 医師
氏名 浅井 竜一

 

役職 医師(専攻医)
氏名 服部 公博

平成28年岐阜大学医学部

役職 医師(専攻医)
氏名 三井 範基

平成28年岐阜大学医学部

役職 医師(専攻医)
氏名 鈴木 健斗

 

役職 医師(専攻医)
氏名 近石 和花菜

 

役職 医師(専攻医)
氏名 間瀬 純一



診療医師担当表はこちら

ページTOPへ

関連する診療科・専門外来

ページTOPへ

診療内容について

 当科では、地域がん診療連携拠点病院として消化器がんの外科治療や抗がん剤治療を中心とした診療を行っております。しかし、市中病院の使命として地域住民の皆様の健康を守るため、胆石・ヘルニア・痔などの良性疾患の診療や手術も行っております。また、救命救急センターがあり、年間150~200例前後の虫垂炎・腸閉塞・消化管穿孔・腹部外傷などの緊急手術も常時行っております。

 小児外科・乳腺外科がそれぞれ独立した診療科となっておりますが、外科スタッフが全身麻酔や手術の手伝いをさせてもらっています。2017年の全手術症例は小児外科・乳腺外科も含めると1,335例であり、一昨年よりも増加しました。小児外科・乳腺外科を除いた外科手術症例数は1,032例とやはり一昨年より再び増加に転じております。うち外科全身麻酔手術の症例数は756例です。緊急手術症例数は151例でありました。

主な手術症例の推移

診療科別手術件数 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
全手術件数(3科合計) 1,270 1,272 1,312 1,277 1,335
外科 988 998 1,030 1,002 1,032
乳腺外科 138 144 158 156 191
小児外科 144 130 125 119 112
手術名 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
胃がん(合計) 110 120 126 90 107
胃全摘 16 33 27 13 14
胃切除 48 42 35 30 36
腹腔鏡下切除・胃全摘 43 42 54 43 54
その他 3 3 10 4 3
大腸がん(合計) 178 180 160 181 182
結腸切除+高位前方 77 63 65 46 36
低位前方 12 13 11 4 7
超低位 4 5 2 3 1
Mile's 手術 9 6 2 4 10
腹腔鏡下大腸切除 65 83 73 116 121
その他 11 10 7 8 7
食道切除術 10 15 15 13 20
肝切除術 36 20 27 25 18
膵頭十二指腸切除 19 12 18 17 22
膵切除術 8 10 6 14 9
内視鏡手術(合計) 279 318 336 346 405
腹腔鏡下胆嚢摘出術 142 167 158 144 176
             (うち単孔式) 53 23 27 15 14
腹腔鏡下大腸切除術 71 88 85 129 141
腹腔鏡下胃切除術 44 42 54 43 55
胸腔鏡下食道切除術 2 5 9 5 7
腹腔鏡下肝切除術 2 1 0 0 0
腹腔鏡下膵切除術 2 1 0 0 2
腹腔鏡下虫垂切除術 5 2 8 12 7
腹腔鏡下胃局所切除術 2 4 1 1 4
腹腔鏡・内視鏡合同
胃局所切除術(LECS)
  3 8 2 3
その他 11 12 13 10 10
胃・十二指腸潰瘍手術(合計) 4 5 7 10 10
胃切除術 0 0 1 1 1
大網充填・被覆 4 5 6 8 9
腸閉塞手術 20 24 27 22 24
開腹胆嚢摘出術 5 11 11 9 6
ヘルニア根治術 129 155 145 163 137
虫垂切除術 66 74 86 60 51
肛門手術(主に痔核) 43 15 13 15 10

 

上部消化管

 上部消化管の診療は、主に食道がん・胃がんの治療を行っております。

 食道がんの治療は日本食道学会の食道科認定医・食道外科専門医である、長尾成敏・田中千弘両名を中心に手術を行っております。

 2014年1月1日付けで、日本食道学会食道外科専門医認定施設に認定されました。

 進行食道がんに対しては頚部・胸部・腹部の3領域リンパ節郭清を伴う、食道亜全摘術を行います。比較的早期の食道がんに対しては胸腔鏡下の食道切除も早くから取り入れています。

 胃がんの治療は國枝克行副院長、長尾成敏消化器外科部長を中心に行っております。

 2010年より腹腔鏡下胃切除術を本格的に導入しました。現在は胃の入り口を切除する噴門側胃切除術・胃全摘術にも腹腔鏡手術を導入して、2017年には合計55例を施行しました。胃がんの症例数はやや減少傾向です。また、2013年10月よりロボット支援胃切除手術を開始しましたが保険適応がなく一時休止していました。2018年4月より保険収載されましたので、本格的導入を今後計画しております。

 2014年よりはGISTなどの胃粘膜下腫瘍などに対する新しい腹腔鏡・内視鏡合同胃局所切除術(LECS)を消化器内科医の協力の上、開始しました。

 進行胃がんの症例に対しては胃癌ガイドラインに則った標準的リンパ節郭清を行う根治をめざした手術を心がけております。
 胃がん再発・高度進行胃がんの症例に対しても患者様のQOLを重視した外来通院での在宅がん化学療法を積極的に行っております。高度進行胃がんに対してはTS-1+CDDPなどによる術前化学療法を施行して、効果が認められた症例に対しては手術をお勧めしています。

下部消化管

 下部消化管の診療は、主に大腸がん(結腸がん・直腸がん)の治療を行っています。

 大腸がんの治療は國枝克行副院長、田中千弘大腸外科部長、杉本琢哉外科医長を中心に行っております。

 早期大腸がん・良性腫瘍と考えられる症例に対しては腹腔鏡下の大腸切除術を1999年から採り入れておりましたが、2008年からはリンパ節郭清も開腹手術と遜色なく行う方法を取り入れて、進行大腸がんにも適応症例を拡大しました。2017年には大腸がん手術例181例中121例と2/3の症例を腹腔鏡により施行しています。

 直腸がんの治療は下部直腸がんに対しても肉眼型・組織型を考慮し、肛門温存術式(超低位前方切除術、内括約筋合併切除)を行っております。また、下部直腸の進行がんに対しては、術前化学放射線療法を行い、腫瘍を縮小させた後に手術を行う方針としております。

肝・胆・膵

 肝胆膵領域の診療は、主に肝臓がん・胆道がん・膵臓がん・胆石症などの治療を行っています。

 肝胆膵領域のがんの手術は日本肝胆膵外科学会の高度技能指導医である河合外科部長と仁田豊生救急外科部長・小森充嗣外科医長を中心に行っております。

 2013年に日本肝胆膵外科学会高度技能専門医制度の認定修練施設に認定されました。それ以降、必要条件である年間30例以上の高難度肝胆膵外科手術を維持しております。

 膵がんや胆道がんの多くは早期発見が困難で、診断された時点で進行していることが多く、周囲の神経・血管に浸潤して拡がっている場合も見られ、門脈などの血管合併切除が必要な場合もありますが、手術による根治術が目指せれば、積極的に切除をお勧めしています。

 進行膵がんについては術前化学療法を行った後に手術を施行することもあります。

 肝がんについては、原発性肝がんに対しては肝臓内科と協力してラジオ波焼灼療法を組み合わせたり、術前の肝機能評価をもとに系統的切除を心掛けた手術を行っております。転移性肝がんに対しても大腸がん肝転移に対しては、抗がん剤治療を併用しつつ、積極的な切除を行っています。

胆石症や胆嚢ポリープに対する治療は、腹腔鏡手術を年間150例前後行っております。

2010年からはおへそのみの傷から手術を行う『単孔式腹腔鏡下胆のう摘出術』を開始しております。傷がほとんど残らないため、美容的に優れた手術でありますが、鉗子操作が通常よりも難しく、全ての患者様に適応できる訳ではありません。もともとお腹に傷がなく、炎症のない胆石症・胆嚢ポリープなどで希望される患者様に対して行っております。初めは日本内視鏡外科学会の技術認定医を取得している河合雅彦外科部長が主に術者を担当しておりましたが、手技の安定とともに若手の外科医にも指導していき、現在は腹腔鏡下の虫垂切除術にも単孔式を取り入れております。

また、現在膵良性腫瘍や肝腫瘍の一部についても腹腔鏡下手術を開始しております。

ページTOPへ

最終更新日:2019/04/01