耳鼻咽喉科

医師スタッフの紹介

役職 部長
氏名 山田 南星

日本耳鼻咽喉科学会専門医
癌治療認定医

役職 主任部長
氏名 柳田 正巳

 日本耳鼻咽喉科学会専門医・評議員
 岐阜大学医学部客員臨床系准教授

 日本気管食道科学会専門医

 

役職 医師
氏名 朝日 勇貴

日本耳鼻咽喉科学会専門医

役職 医師
氏名 髙田 菜月

 

 

役職 医師(専攻医)
氏名 山田 達彦

診療医師担当表はこちら

ページTOPへ

関連する診療科・専門外来

睡眠時無呼吸外来

頭頚部外科

ページTOPへ

診療科について

 耳鼻咽喉科、頭頚部外科、気管食道科として扱う疾患を対象とします。対象領域は広く、人が生きていくために重要な、食事をすること(上部消化器)、呼吸の入り口の部分(上気道)と、人間の感覚の中で、音を聞くこと(聴覚)、体のバランス(平衡感覚)をとること、においを嗅ぐこと(嗅覚)、味覚をつかさどる感覚器官が対象です。

ページTOPへ

治療件数

平成29年度の入院患者数は531人、外来初診患者数1,463人、外来延患者数11,277人です。入院患者様は主に手術例ですが、他に、めまい、突発性難聴、顔面神経麻痺、頭頚部急性炎症のために点滴治療、頭頚部悪性腫瘍のため放射線治療をおこなう患者さんが含まれます。

平成29年度の手術例は435例で、主な内訳は中耳手術(鼓室形成術、鼓膜形成術)44例、鼻、副鼻腔手術97例、扁桃摘出術101例、唾液腺手術(耳下腺腫瘍、顎下腺腫瘍など)31例、喉頭手術(声帯ポリープなど)12例、頭頚部腫瘍(悪性腫瘍を含む)41例です。

ページTOPへ

その他

 平成25年から 唾液腺内視鏡セットを導入し、内視鏡下で唾石が摘出可能な症例に対して口腔内から唾石を摘出しています。低侵襲手術で、入院期間も短期間となっています。

 また唾液腺手術、頭頚部手術(特に甲状腺手術)に対して顔面神経、反回神経損傷を起こさないために神経刺激器(メドトロニック社 NIM-3)を導入し、手術をより安全におこなうようにしています。

ページTOPへ

 

最終更新日:2019/07/08