脊椎外来

診療内容・特徴

 日本人の平均寿命は世界トップレベルになり、次の問題として要支援、要介護を必要とする人口が急増していることが挙げられます。その原因として、関節疾患、骨粗鬆症を基盤とした脊椎骨折、大腿骨骨折など、整形外科疾患は上位にランクされています。

 転倒骨折の原因となりうる加齢による頚髄症や腰部脊柱管狭窄症などの歩行障害を呈する脊椎疾患は頻度が高く、その治療は健康寿命を延ばす上で重要性が高まっています。

 当脊椎外来を訪れる患者さん、脊椎手術を受けられる患者さんも約半数は65歳以上となってきています。加齢による変性疾患(椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、頚髄症、靭帯骨化症)以外に、変形(側弯、後弯、すべり症)、腫瘍(脊椎腫瘍、脊髄腫瘍)、炎症(リウマチ性、感染性)、骨粗鬆症性疾患、外傷、小児脊椎疾患など幅広く脊椎・脊髄疾患を扱っています。周辺の開業医の先生方と連携しながら、症状の軽減、日常生活動作向上に寄与させていただくことを目指しています。

 脊椎手術には、大きく分けて脊髄、馬尾、神経根を圧迫しているものを取り除く手術(除圧術)、不安定な脊椎を安定させる手術(脊椎固定術)、変形している脊椎を矯正する手術(矯正術)があります。外来では、パンフレットをお配りし、手術の適応、入院・手術・退院のながれ、合併症などを説明しています。お気軽にお尋ねください。

ページTOPへ

診療日時・受診方法

外来

細江英夫 火曜日(午前)、水曜日(午前)

飯沼宣樹 月曜日(午前)、金曜日(午前)

手術日

月曜日(細江)、水曜日(飯沼)、木曜日(飯沼)、金曜日(細江)

その他、緊急手術も行っています。

受診方法

予約制。紹介患者さんを優先しています。予約外の患者さんも多く、待ち時間が長くなってご迷惑をおかけしています。

ページTOPへ

最終更新日:2018/08/16