小児発達・重症心身障害児外来

外来について 

 小児発達の診療では、運動発達の遅れや言語発達の遅れが気になるお子さんに対して診療を行い、
必要に応じてリハビリテーション施設の紹介やその後の発達経過を見ていきます。
 自閉スペクトラム症や注意欠陥多動性障害などの発達障害は、中枢神経系の影響で学校や家庭で他人
とのトラブルになりやすい疾患です。幼児期の多動衝動性や癇癪の強さで育児の困難さを感じる家庭も
少なくありません。学童期には学習の問題や不登校などの二次障害に至る場合もあります。
 小児発達外来ではこれらの疾患に対して医療的ケアを含めたアプローチを提案させていただきます。

 重症心身障害児の診療では食道pHモニター検査を使用した胃食道逆流症の診断やリハビリ施設と
連携した筋緊張の抑制などを通じて、QOLの向上に努めています。 

ページTOPへ

 

 

診療日時

診療日時

毎週月曜日 午前 、 水曜日 午後

担当医

小児科 所 訓子

受診方法

前もっての外来予約(紹介状)が必要です。

ページTOPへ

最終更新日:2019/05/13